ミキサー車は処分前には買取査定へ

コンクリートを現場まで運んでくれるミキサー車は、様々なところで活躍しています。

建設会社の中には、複数のミキサー車を保有しているところも少なくありません。

その場合、車両の処分に迷うこともあるでしょう。

ミキサー車を処分するには、重機買取業者の利用をおすすめします。

ミキサー車も高値で買い取ってくれます

ミキサー車はトラックミキサーなどと呼ばれることもあり、様々な工事現場で活躍しています。

工場で製造した生コンクリートを、濃度を一定に保ちながら建設現場まで運搬します。

そしてミキサー車が運んだ生コンクリートを、ホースなどを使って高い場所まで圧送するのがコンクリートポンプ車です。

建設現場にとって、コンクリートはとても大切なものです。

そのため、その大切なコンクリートを輸送するミキサー車は、貴重な重機として多くのところで求められています。

建設会社の中には、ミキサー車の処分を検討しているところもあるでしょう。

この場合、ミキサー車買取業者を利用すると高値で買取ってもらえる可能性があります。

重機買取業者の中には、ミキサー車を必要としているところが多いからです。

まずは無料の一括査定で、どれくらいの値段が付くのか試してみてください。

ミキサー車の買取は日頃のメンテで金額が変わる

ミキサー車を買取業者から高く買取ってもらうには、日頃の点検や整備をしっかり行う必要があります。

ミキサー車は、日頃のドラム洗浄などを適切に行わないと、後でコンクリート詰まりなどのトラブルを招くことがあります。

そのためミキサー車買取業者に買取を依頼する時は、車両の動作確認はきちんと行っておいてください。

日頃のメンテナンスや整備がしっかりなされていると、高い価格で買取ってもらえる場合が多いのです。

またミキサー車買取業者を利用する時は、最初に無料査定を利用する良いでしょう。

この無料査定で、重機の大体の買取相場を把握できます。

ミキサー車は大きさによって種類が分かれる

ミキサー車は、その大きさによっていくつかの種類に分類できます。

それぞれの所用道路幅と実際に通れる道路幅は、次の通りです。

11トン車は5,500mm前後と6.0m、10トン車は5,000mm前後と5.5m、5~8トン車は4,000~4,500mm程度と5.0m、4トン車は4,000mm前後と4.5m、そして2~3トン車は3,300~3,900mm程度と4.0mとなっています。

所要道路幅というのは、車のハンドルをいっぱいに切った場合に、直角に旋回する時に必要になる道路の幅のことを言います。

無料査定でミキサー車はいい金額に

建設会社などで保有している重機を売却する場合、日頃のメンテナンスを怠らないでください。

日頃からきちんとメンテナンスを行っておけば、高い価格での買取も可能です。

まずは無料査定を利用して、買取業者のサービス内容を確認しましょう。